患部だけでなく体のバランスを整えるマッサージ

私は普段は会社では専らデスクワークをしているのですが、たまたま荷受けを手伝うことになり、自分でも体の鈍っている解消にもなると思い張り切って荷受け業務を手伝いました。最初は重量のあるものもなく比較的軽いものを扱っていましたが、次第に重いものが増え、数人がかりで運搬するものもあり、私も踏ん張りながら業務を終えました。その日は体に不調を感じないまま帰宅したのですが、翌朝でした。ベッドから起き上がろうとすると激しい腰の痛みを覚え、たまらず病院に向かいました。そこで筋肉痛と関節痛という診断を受け、シップと温熱療法を受けたのですが、私もできる限り早く元の腰の状態に戻りたいと思い、近所のマッサージ店へ行きました。
 病院で受けた温熱療法は基本的に患部の血行を良くするものなので、わたしもただ寝転んで心地よい遠赤外線を腰に当てるということを繰り返し、その時間は腰痛をが緩和されました。ただそれ以外の時に腰を動かすと痛みを感じていたのですが、マッサージ店で施術を受けるとマッサージ師の方が私が患部をかばい、脚や肩にも負担があると見抜いて、私の身体全体のバランスを整えるようにマッサージをしていただきました。すると驚くほど身体全体の血行が良くなったようになり、痛みも大分緩和されるようになりました。やはり患部だけでなく、カラダの血行を良して回復力を高めるという意味でマッサージは有効だと実感しました。

ホームに戻る

コメントは受け付けていません。