凝りは移動するものらしい出張マッサージで解決

10年ほど前から肩凝りに悩まされていますが、その解決策として、出張マッサージにいくつか通ったことがあります。その時に、マッサージの知識にあまり精通していない方に当たった時の話です。凝りというモノはどうやら移動するものらしいということをその時初めて知りました。と言うのは、その当たったマッサージ師さんと言うのが、凝った場所を優しく撫でるだけというマッサージだったんですね。痛みを伴わないマッサージだったために、さほど気にならず一時間程度のマッサージを受けました。確かにその日の肩は多少健康になったような気がしたんです。もちろん当方男性、マッサージの方はかわいらしい女性の方でした。と言っても、いかがわしい店ではありません。場所は秋葉原でしたが。そんな方に撫で擦られて、健康にならないわけがないという感じでした。
その恐怖は次の日にやってきました。朝起きると、右足の足首と、その小指に痛みが走りました。痛みに割と鈍感な私は、何も気にせずに仕事に行ったわけですよ。そしたら、その日は仕事にならないぐらいの、風が吹けば痛みが走る状態でした。歩けば足首に鈍痛が走るので仕事机からは動きたくなくなるわけです。大変困りました。あとで聞いた話ですが、そういうお店は免許や資格のない方がアルバイトとして働いていることが多いそうでした。現在は専門学校や専門の育成所も増え、そういう方は少なくなったそうです。そういう方に、疲れ切った肩を預けるのもいかがなものかと思います。
そして私の肩凝りは、現在は温泉療養に切り替え、必要に応じて温泉と出張マッサージを併用しています。マッサージは正しく行ってほしいものですね。余談ですが、いかがわしいマッサージの店に行ったときに、こっちよりも先に普通のマッサージ屋に行けと叱られたことがあり、そっちはご無沙汰となっております。

ホームに戻る

コメントは受け付けていません。