タイマッサージの感想

タイマッサージには主に古式マッサージ(ストレッチ系)とオイルマッサージの2種類があるようです。
タイマッサージを受けた感想として、日本や中国のマッサージと比較して指圧マッサージの力が強いということが印象的でした。
この力加減に関しては、人によって強いものが好みの人や弱い力が好みの人がいると思いますが、結構な力で指圧してくるため、コリをほぐしてくれているという感覚は強いです。しかしその反面、強い力で揉まれたことにより、後日揉み返しが来てしまうことが多いと思います。

オイルを使ったマッサージに関しては、たっぷりの量のオイルを使い強めの力でスライドしてくるために、凝りもほぐれ血流も良くなっていくような気がして気持ちが良かったです。
古式マッサージ、古式マッサージの定義がよくわかっていませんが体全体を使ったストレッチをして体の老廃物を出すマッサージのことみたいです。
ちなみにマッサージの修行は「ワットポー」という地名の場所でするらしいです。これはタイ人の担当の方が言っていました。

このストレッチ系のマッサージに関しては、かなり捻ったり力任せに引っ張られたりするために、腰痛持ちの方や関節等を痛めている方は逆に悪化させてしまう恐れがあると思います。特に、うつぶせで上体を逸らして引っ張られるストレッチに関しては腰にかなりの負担がかかったと記憶しています。

本場タイ人の方に施術してもらいましたが、ストレッチマッサージをするためには相当の体力がいるようで、当然体つきも大きな方が多いです。そのため指圧も力強いものとなってしまうようでした。

ホームに戻る

コメントは受け付けていません。